食べ順ダイエットを効果的にする為の5つのポイント

食べ順ダイエットを効果的にする為の5つのポイント

 ダイエットと言えば、運動や食事制限が思いつくと思いますが、「食べ順ダイエット」はご存知ですか?
食べ順ダイエットとは名前の通り、食べ物を食べる順番に気を付けて食事をすることです。
食べ物にはカロリーや吸収しやすさ、塩分などそれぞれ違います。その食べ物をうまく食べていくことにより、ダイエット効果が期待されるのです。さてその具体的な方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク

1 「まずは野菜から」軽いものからイーティングが基本!

  1. まず野菜から。漬物や野菜スープ、炒めものなどメニューに野菜が入っているものを食べます。
  2. 次にタンパク質。なるべく植物性で!卵やお肉があれば、先に卵を食べるようにしましょう。
  3. 最後にご飯などの炭水化物です!

 私たちはどうしてもお食事が出ると、美味しいものや好きなものを先に手を出してしまいがちですよね!
しかし、それは大体炭水化物が多かったりします。しかも野菜は全部食べ終わった後に食べたりと。

さて、なぜこの上記の食べ方を意識するのでしょうか。それにもしっかり理由があります。それは「食べ物の性質」を利用しているのです!

まず野菜。野菜は食物繊維が多く含まれているため一番最初に食べることで血糖値があがりにくくなります。それに脂肪の吸収を抑える働きがあるので、太りにくい体質を作ってくれます。
またお肉とご飯を一緒に食べてしまうと脂肪が付きやすいのです。別に食べることが大事です!

2 「頑張ってるけど停滞期に入ってしまった」その時はあえて○○!

 上に書いてある野菜から食べる食べ順ダイエットもあるのですが、食べ順ダイエットにはある強敵がいます。それは食べ順ダイエットに限らず、ダイエット全般にとって強敵なもの。
それは「停滞期」です。
納得ですよね。ダイエットを続けるにあたってはほとんどの人が経験したことあると思います。この停滞期、なかなか抜け出せないんですよね。
停滞期に入っても食生活は変えず、ダイエットを続けて頑張る人も多いと思います。しかし、実は停滞期はあえて、炭水化物を取ることがダイエットに繋がり、効果があるとされています。
ですが、多量摂取はリバウンドになりかねませんし、食生活が解禁されその時点でダイエット終了、となってしまう可能性もありますので十分に気をつけてコントロールしてください。
1日だけドカ食いの日を決めて思い切り食べてみるのも息抜きになるのでは?食べ物のコントロールには気を付けながらチャレンジしてみるもの良いかもしれませんね。

3 「大好きな麺がのびちゃう・・・。食べ順ダイエット嫌い!」と思う方必見!

 タイトルに書いた通り。食べ順ダイエットを気にしすぎると、あるデメリットが出てきます。それは「温かいものが冷める」ということです。
夏の時期にはあまり気にならない方もいらっしゃると思いますが、問題は冬。すごく寒い時期で温かいラーメン、うどんを用意したのにも関わらず「ダイエットしなきゃ!まずは食物繊維のものから」なんてやってたら、残された炭水化物のラーメンやうどんは・・・。のびきって美味しくなくなってしまいますよね。ですが、食事の前にあるものを摂取するとその心配はなくなります。

それは「青汁」です。
青汁は苦手な方がいらっしゃると思いますが青汁にも食物繊維を含んでいますので効果はほぼ同じとされています。食前に一杯飲むだけで食べ順ダイエットのようなものを実行できるので手軽さはこちらの方がいいのではないでしょうか!

4 「食べ順ダイエットをしたけど、三角食べはダメなの?」いいえ、大丈夫です!

 食べ順ダイエットでは、必ず食物繊維から。とされていますが、同じものをなくなるまで食べ続けるのは正直飽きてしまいますよね。ですが食べ順ダイエットの基本は三角食べとされています。
三角食べは一つのメニューに集中せずに色んな物を摂取できます。この食べ方も理想的な食べ方の方法です。
子供のころ「三角食べを意識しなさい」と言われてきましたが、この方法も食べ順ダイエットより多少効果は低くなるかもしれませんが、続けることで効果が期待されます。

5 「食べ順ダイエットの期間、間食やお酒はダメなの?」ダメではないけど、ここに注意!

 食べ順ダイエットをしていても、ちょっと気になる点。それはお菓子などの間食やお酒です。
できれば食べ順ダイエットをしていてもこの二つは・・なるべく辞めたくないという方も多いのではないでしょうか。お風呂上がりの一杯、ちょっと疲れた時にチョコレート一個。これがストレス解消になっていたりしますよね。

食べ順ダイエットをしている際この二つは禁止なのでしょうか?いいえ。禁止ではありません。しかし、注意しなくてはいけないことがあります。

まず、間食。お菓子ですね。甘いものは血糖値を適度に上昇させるにも良いアイテムで、脳への栄養補給のためむしろ摂取した方がいいものです。しかし摂取時間を必ず決めてください。食後一気に食べると血糖値が急上昇してしまうこともあるので、おやつの時間などを決めて、適度の量を食べましょう。

次にお酒。お酒も問題ありません。多量に摂取するのはよくありませんが適量で摂取してくださいね!またお酒は太るイメージが強いと思いますが、実はお酒のカロリーはエンプティーカロリーといって、一般的なカロリーとは違い性質が異なります。
お酒を飲んで太ってしまう、その原因はおつまみなのです。揚げ物や野菜炒めなどは禁止です。お豆腐などのカロリーが低いものを選びましょう!

まとめ

食べ順ダイエットを効果的にする為のポイント

  1. 食べ順ダイエットの基本は「まずは野菜」
  2. 停滞期に入ってしまった時はあえて炭水化物
  3. 麺類は青汁を飲んでから
  4. 三角食べでもOK!ただし食物繊維が1番
  5. 間食やお酒は程ほどに

 いかがでしたか?
食べ順ダイエットはうまくやればとても大きな効果が期待されるダイエット法です。運動が苦手な方やちょっと・・めんどくさい方・・はこちらの方法を是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク

Speak Your Mind