痩せたいけど食べたい!さつまいもで満腹ダイエット5つのコツ

痩せたいけど食べたい!さつまいもで満腹ダイエット5つのコツ

さつまいもは低カロリーで腹持ちが良く、栄養価の高い食材です。
1食をさつまいもに置き換えるだけで、3食食べていても、摂取カロリーが減らせて、健康効果・美容効果が得られるのです。

手軽でリーズナブル、成功者の多いといわれるダイエット法です。

それではこれからさつまいもダイエットのコツをご紹介します。

続きを読む

痩せたいけど食べたい!食前生大根で満腹感アップ7つのレシピ

痩せたいけど食べたい!食前生大根で満腹感アップ7つのレシピ

 

ダイエットをしている方やこれから考えている方に是非みて貰いたいのですが、痩せたいけど食べたいというのが本音ですよね。
そこを我慢して無理に食べないでダイエットをして痩せてその安心感でリバウンドになっている方が多いと思います。そこで満腹感を脳にしっかり刻みこませて無理なく痩せる方法があります!それが「食前生大根ダイエット」
大根ってヘルシーで味がなくてあまりメインで食べる事は無いと思いますが、食前に食べて脳に満腹感を与えて食事量を自然に減らして知らない内にダイエット出来ていたら嬉しいですよね。
これから美味しく食べられる生大根のレシピをご紹介します。

脳にある満腹中枢(ちゅうすう。満腹感を得る場所)と、摂食中枢(せっしょくちゅうすう。空腹感を生み出す)のバランスです。
食事をすると、血液が食事中に含まれる糖分を吸収して脳に運び込みます。そのとき、血液中の糖分の割合=血糖値が上がり、満腹中枢を刺激して「満腹ですよ」という信号を出します。
同時に、食欲が抑えられます。ですから、満腹だと感じる一番の刺激は、「血糖」です。血糖値が上がると満腹感が、血糖値が下がると空腹感が刺激され、そのバランスをとるために、インスリンというホルモンが働きます。
また、満腹を感じるのには、血糖やインスリン以外にもさまざまなホルモンがかかわっています。細胞の中に脂肪が溜まってくると、レプチンというホルモンが分泌されますが、これは別名「飢餓ホルモン」と呼ばれるように、肥満をつくると考えられています。満腹を感じるメカニズムは複雑です。
大根のイソチオシアネートと酵素、それにビタミンCも、加熱によって損失するので要注意。「酵素は48~53℃で壊れてしまうので、生で食べるのが原則です。大根の辛さが苦手なら、黒酢やみそ、みりんを少しずつ加えると食べやすくなります。できれば、朝食は大根メニューを中心にし、昼食と夕食には生野菜たっぷりのおかずを添えて酵素をとりやすくすると、ダイエット効果を期待できると思います」

鉄則【1】1回6cm(180g)以上を2週間続けて食べる

1日1食を目安に、6~10cm分の大根を食べればバッチリ! やせ成分のイソチオシアネートをとりやすいように、特に大根おろしの場合は皮ごと使って汁ごといただきます。これを2週間続けてみましょう。

鉄則【2】食事のはじめに必ず生で食べる

大根おろしやフレッシュサラダなどで生食するのが基本。おろしたり、切ったりしてから時間が経つと有効成分が失われるので、食べる直前に調理します。食前に食べれば酵素をムダなくチャージでき、満腹効果も!

鉄則【3】酢、みそなどの発酵食品を合わせる

酢、みそ、納豆、漬けものなどは、酵素を含む発酵食品。大根と相性がよく、辛みをやわらげてくれるほか、酵素の増強にも役立ちます。やはり酵素を含むにんじん、セロリ、きゅうりなどを合わせるのもおすすめ。

続きを読む

短期間で激やせダイエットに成功!誰でも簡単にできる5つのコツ

短期間で激やせダイエットに成功!誰でも簡単にできる5つのコツ

 今シーズンこそは着ようと決めていたお気に入りの洋服。「もう少し細ければ、かわいく着こなせるのに…。」と、自分に後悔した経験はありませんか。
また、「ダイエットしたいけどすぐに効果が見えないし、なかなか続かない…」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
 そんな悩みを解決するのが、今回の短期間激やせダイエット! 短い期間でしっかりと効果が出て、無理なく続けられる5つのポイントをご紹介します。

続きを読む