ダイエットを短期間で成功させたい!即効で痩せる7つの方法

ダイエットを短期間で成功させたい!即効で痩せる7つの方法

 短期でダイエットを成功させる方法はちゃんとあります。

 大切なイベント前にダイエットを成功させるためには、正しい方法で取り組むことが大切です。そうしないと、せっかく短期間で痩せることができても、それ以上にリバウンドしてしまったり、健康を損なってしまうこともあるからです。ダイエットを短期間で成功させるには、ある程度の覚悟が必要です!

 間違ったダイエット方法では痩せるわけがありませんよね。紹介する7つの方法のルールを守りながら、短期間で即効に痩せてしまうダイエットにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

成功への道その1:お菓子とジュースは全部やめる

 当たり前のようだけど、短期間でダイエットを成功させるなら、お菓子やジュースは厳禁です。砂糖が含まれるものは、全部NGだと思ってください。

短期でダイエットを成功させたい人のほとんどが、カロリー制限を考えます。カロリー内ならお菓子を食べても平気と思っていますが、これは大間違い!カロリー制限というのは、結局のところ、飢餓状態を作って不健康に痩せているだけ。短期間に痩せたつもりでも、単に栄養失調になっているだけです。

砂糖や果物に含まれる果糖は、人間の身体にとって絶対必要な栄養素ではありません。しかも、食べすぎたら脂肪に変わるというダイエットの大敵なんです。

まずはお菓子とジュースをきっちりやめる。果物100%、野菜100%であっても、飲み物に変わるとほとんど砂糖の塊のようなものです。お菓子とジュースがやめられなければ、短期ダイエットの成功はありえません。

成功への道その2:糖質を減らす

 短期間で痩せるなら、身体の仕組みをきちんと知って正しくダイエットを行うことが大切です。制限が必要なのはカロリーではなく、エネルギー源の摂りすぎ。

お菓子やジュースに含まれる砂糖や果糖は栄養素でいえば糖質です。体内に入るとブドウ糖に変わってエネルギーとして使われます。エネルギーとして、というより、エネルギーにしか使えないものなんです。
余ったら、脂肪に変わってしまいます。何となく、肉の脂身とか生クリームとかの脂を食べると、脂肪に変わるような気がしますが、脂肪を食べたからといって脂肪にはならないんです。

脂肪に変わっているのは糖質ですから、脂肪を減らしたいならまずは糖質を減らすべきなんです。

身体を作り必須栄養素として食べるべきタンパク質や脂質もカロリーだし、エネルギーとしてしか使えない糖質もカロリーなんておかしいですよね。身体を作る栄養素はきちんととりながら、余ったら脂肪に変わっちゃう糖質を減らしましょう。

糖質は、炭水化物に含まれるものですから、ご飯や麺類、パンなどをダイエット期間はぐっと減らしてしまいましょう。一日一回、お昼に食べるだけ…という量でも構いません。
糖質を減らすことでかなり短期間での体重減少ができます。ただし、続けると減りすぎる可能性もあるので、ある程度体重が落ち着いてきたら、少しずつ量を増やして、自分にとって必要な量を見極めましょう。

成功への道その3:肉もちゃんと食べる

 カロリー制限ではなく、糖質を減らしましょうと伝えると、なぜかご飯をやめて野菜ばっかり食べる人が増えます。これでは短期ダイエットは成功しません。というのも、ご飯をやめて野菜を食べるということはカロリー制限と同じなんです。そんなダイエットは栄養失調まっしぐら!

糖質であるご飯や麺類をやめて食べるべきなのは、肉や魚、卵、豆腐などのタンパク質です。もちろん野菜も食べてくださいね。

必要なエネルギー量を確保するためには、肉などをしっかり食べるようにしましょう。できれば、脂肪分の少ない赤みの肉がお勧めです。脂肪のカロリーが気になるのではなく、脂肪の質が身体に良くないので控えるようにします。

最近はやりのプロテインダイエットも、実はこうした糖質を減らしてタンパク質を増やすというダイエット方法なんですよ。タンパク質を英語でプロテインと言いますから、短期ダイエットしたい人ほど、お肉を食べて主食を減らしちゃいましょう。

成功への道その4:運動をしすぎない

 早く痩せたい、短期で痩せたいなら、運動をし過ぎない事!
短期間だけハードに運動すれば痩せると思ったら実は大間違いです。毎日有酸素運動をして、筋肉量を増やすような運動は大切ですが、一時的に運動しても疲れるだけ。

続かないし、お腹が空いて沢山食べたくなったら逆効果ですよ。早く効果を出したくてサウナスーツで歩くなんて、もってのほかです。

1kgの脂肪を燃やすためには9000kcalの運動量が必要です。
どれくらいの運動量が必要かというと、45kgの人が1時間水泳をして消費するのはたったの270kcalです。

一気に1kgを落としたい人が9000kcalを消費するためには、33時間の水泳が必要になります。それも続けて一気にやって、やっと1kg分の消費です。現実的ではないですよね。

運動をし過ぎることで、無茶をしていては、短期ダイエットは成功できません。運動をするなら、食後に必ずウォーキングをすること。これくらいで十分です。

ただし、お菓子を食べたりなど糖質を摂ってしまった時は、しっかり運動してエネルギーを消費させましょう。

成功への道その5:腸内環境を整える

 ダイエットしてきれいになるには、便通が良いのも条件です。腸内環境が悪く、便通が悪いと、せっかく短期で体重が落ちても、おなかぽっこりということになってしまいます。これでは理想的なダイエットではありませんよね。

腸内環境を整えるためには、朝起きたら、目覚めに一杯の水を飲むこと。ヨーグルトなどの乳酸菌をとること。味噌や麹なども腸内細菌を整える乳酸菌がいっぱいです。もちろん、野菜も食べましょう。

腸内環境を整えるには時間がかかるために、短期では少し難しいのですが、まずは手っ取り早く便通改善をするために、病院で診断してもらうこともいいかもしれません。

便秘改善のための乳酸菌や、軽い下剤などを処方してもらいながら、食事もしっかり見直して便通を整えましょう。

成功への道その6:早く寝る

 短期ダイエットを成功させたいなら、夜更かしは厳禁です。ゴールデンタイムとなる22時までにはベットに入るようにしましょう。

最新の研究では、睡眠時間が短かったグループと、7時間以上の睡眠をとったグループとでは、脂肪燃焼度合いが14%も違ったということがわかっています。

睡眠をきちんととるだけで脂肪燃焼がこれほど変わるのであれば、寝なければ損ですよ。短期ダイエットを成功させたいなら尚更です。

早く寝ればダイエット効果だけでなく、お肌もピカピカ、疲れも取れますよ。短期ダイエット成功に向けて、早寝を楽しみましょう。

成功への道その7:身体を冷やさない

 短期間でダイエットしたいなら、身体を冷やさないのも大事です。たまに、エネルギー消費のために薄着をして、ちょっと寒いくらいが痩せる…なんて考えている人がいますが、これまた大間違いです。

確かにエネルギー消費をしますが、この場合、脂肪より先に燃えるのは筋肉です。脂肪が残って筋肉が消えるダイエットは確実にリバウンドします。リバウンドしてもいいし、体調が悪くなってもいいから痩せたい人は薄着をどうぞ。

身体は冷えることで体温を上げるためにエネルギーを消費しますが、最近の女性の多くは冷え性になっています。冷え性の人がさらに冷えると、身体は脂肪を貯めこもうとしてしまいます。体温を維持するためには脂肪を増やして、肉の防寒服を作るのが一番だからです。

痩せたい人は身体を冷やさず、脂肪を燃やしましょう。おしゃれのための薄着であれば、インナーにヒートテックのような防寒を着たり、腹巻などを利用しながら深部を温めるようにしたいですね。

まとめ

短期ダイエット成功への道

その1:お菓子とジュースは全部やめる
その2:糖質を減らす
その3:肉もちゃんと食べる
その4:運動をしすぎない
その5:腸内環境を整える
その6:早く寝る
その7:身体を冷やさない

 いかがでしたか?短期ダイエットを成功させるための7つの方法をご紹介しました。
この場合の、短期とは1か月程度です。

それ以上に、1週間でマイナス10キロのようなダイエットを行いたい場合は、肥満外来などを行っている専門の医師と相談のうえで行うことをお勧めします。自己流ダイエットは不健康になり、リバウンド必須です。

せっかく短期決戦のダイエットをするなら、その体重をキープできるように取り組みましょう。

あなたのダイエットの成功をお祈りしております!

スポンサーリンク

Speak Your Mind