酵素ドリンクで効果的にダイエットする7つのコツ

酵素ドリンクで効果的にダイエットする7つのコツ

 

痩せたい!綺麗になりたい!美しくいたい!と思うのは女性の永遠のテーマなのではないでしょうか?
女性のみならず、男性の方でも「スリムな体になりたい」「健康でいたい」と思われる方も多いはず。そんな方々に今注目されている、あるモノがあります。
それは「酵素」です。
「酵素」とは、生きているあらゆる生物に存在する生命活動に欠かせない物質であり、酵素がないと生きてはいけないのです。それほど、重要で大切なもの。さらに、酵素は代謝や新陳代謝に関わる大事な要素でもあります。

その酵素が手軽に取り入れられる『酵素ドリンク』をつかって、効果的にダイエットができるコツをお教えしましょう。

スポンサーリンク

 

1.酵素ドリンクの選び方

 

酵素ドリンクは一体どういったものを選べばよいのでしょうか?
一般的な選び方だと値段や口コミなどから選ばれる方もいらっしゃるとは思うのですが、ここではダイエットに効果的な選び方をご紹介しましょう

「リパーゼ」という言葉をご存知でしょうか?
「リパーゼ」とは脂肪を分解する酵素のことです。

ダイエットが目的であるならば、このリパーゼが多く含まれる酵素ドリンクを選ぶのがよいでしょう。
リパーゼはホウレンソウ、人参、トマト、セロリ、アシタバなどに含まれています。
これらを使った酵素ドリンクを選ぶのが、よりダイエットに効果的だといえます。

 

 

2.飲むタイミングは食べる前に!

 

酵素ドリンクはいつ飲むのが良いでしょうか。食事の前か?食事と一緒になのか?いつでも飲んでも良いのか?
もちろん、いつ飲んでも害になるということはありません。しかしもっと効果的に飲むタイミングがあるのです。それは、食事の前。

胃の中が空っぽの状態で飲むと、その分酵素の吸収が良くなるのです。さらに、朝一番の胃の中に何も入っていない状態で飲むのがオススメ。

 

3.50℃以上のお湯で飲むのはNG!

 

酵素は熱や高温にとても弱いです。50℃以上になると酵素は壊れてしまいます。ですので、酵素ドリンクを温めて飲んだり、お湯で割ったりして飲んではまったく効果が得られません。
飲む際に温度に気をつけるのは酵素をダイエットに取り入れる上で、鉄則ともいえます。

 

4.飲み方を選ぶ

 

様々なメーカーからでている酵素ドリンク。メーカーによって推奨されている飲み方があるとは思うのですがダイエットに効果的な飲み方はなんでしょうか?
普段不足しがちな成分を補充できるように野菜ジュースや豆乳などで割るのもオススメですが、一番のオススメは炭酸水割です。
炭酸によってお腹が膨れ、満腹感が得られ無駄な食欲を抑えることが出来ます。
食事制限を一緒に行っている方にはさらにオススメです。

 

5.女性の方へ。スタート時期は生理後!

 

女性の方だけが使える技なのですが、痩せ期を上手く使ってみましょう。
痩せ期とは、ズバリ生理後。
生理前や生理中は女性ホルモンが大量に分泌され、体内に水分を取り込もうとします。これは、子供を産む為に栄養や水分を貯蓄するため。そのために体がむくんだり冷えたりなどして代謝が落ちます。ですので、この時期に酵素ドリンクダイエットを始めるのは少し控えて、生理終了後から二週間の痩せ期に始めてみましょう。

 

6.運動をプラスする

 

さらなる効果を実感したいのなら、一緒に運動をされるのがオススメ。酵素ドリンクの代謝を促す成分が、さらに促進されます。
運動といってもジョギングなどの激しいものではなく、家の中で行える軽いストレッチなどを合わせて、無理なくつづけましょう。体がほぐれることによって血行が促進され、新陳代謝代謝がよくなり脂肪が燃焼されやすくなります。

 

7.体を温める

 

酵素ドリンクを飲んで運動することだけが、効果が得られるという事ではありません。時には休むということも大事です。
酵素は約37℃くらいから効果があらわれるといいます。ですので体が冷えていると、なかなか効果がみられません。そこで、半身浴などを用いて体を温めましょう。また、体を冷やさぬよう温かい飲み物を積極的にとることも大事です。

 

まとめ

○脂肪を分解する成分「リパーゼ」が入っている酵素ドリンクを選ぶ。
○酵素ドリンクを飲むのは、朝の食事の前。
○酵素は熱に弱いので加熱してはダメ。
○満腹感が得られる炭酸水割にしてみる。
○痩せ期を活用。スタートは生理後から。
○ストレッチで代謝アップ。
○冷えは大敵。体を温めよう。

今注目の酵素ドリンク。酵素ドリンクで効果的にダイエットするには、ただ飲むだけではなく、上記のコツさえ押さえればさらなる効果が期待されるでしょう。
ぜひ、上手に取り入れて「素敵に、綺麗で美しい」自分を目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク

Speak Your Mind