酵素ドリンクで断食する際の5つのポイントと注意点

酵素ドリンクで断食する際の5つポイントと注意点

 一般にプチ断食というと、2~3日間酵素ドリンクのみで過ごすことを思い浮かべますが、働く女性には準備期間、回復期間を考えると難しいものがあります。

そこで、実際の断食期間が1日のみの酵素ドリンクを使った初心者向けプチ断食をご紹介します。
2~3日間のプチ断食ほどの即効性はありませんが、消化器官を休ませ、代謝をアップさせる意味では同様の効果のある方法です。

スポンサーリンク

ポイント1.タイミング

 実際に酵素ドリンクのみで断食をする期間は1日ですが、断食準備食期間、回復食期間が必要なため、土日などの休日を利用して行います。
つまり、金曜日を準備期間、土曜日を断食期間、日曜日を回復期間とします。

月曜日からは通常通り生活できるので、フルタイムで働く女性でも無理なく続けられる方法です。
毎週1回のプチ断食を習慣にして、胃腸をしっかり休ませ、身体をリセットしましょう。

ポイント2.断食準備

 今まで普通に食べていた状態からいきなり断食に入るのではなく、少しずつ身体を慣らしていきます。

例えば、金曜の朝から普段より軽くあっさりした物を食べるようにします。
昼食は腹八分目を目安に、雑炊・うどんなど消化の良い物にします。
夕食は、就寝の3時間以上前に通常の半量を目安に白粥やヨーグルト程度を摂るなど、翌日からのプチ断食に備えます。

この後の空腹感は、ミネラルウォーターやハーブティーなどの水分を多めに摂ることで紛らわせます。

ポイント3.酵素ドリンクでのプチ断食

 断食当日の土曜日は、酵素ドリンクを2~3時間毎に飲みます。
その他は、ミネラルウォーターを飲んで過ごします。1日1~2リットルを目標にしっかり水分補給をして、余分な老廃物を外に出し、デトックス効果を上げましょう。

また、ウォーキングなど軽い有酸素運動やストレッチを行うこともお勧めです。
軽い運動は、断食による筋肉量の低下を防ぎ、基礎代謝アップなどプチ断食の効果をより高めます。
しかし、ハードな運動は絶対にしないでください。
酵素ドリンクでミネラルやビタミンといった栄養分を補給してはいますが、ハードな運動に耐える量ではありません。

ポイント4.回復食

 断食後の回復食が最重要ポイントです。お腹が空いているからといって、ここで急にしっかり食べてしまうと消化不良やリバウンドの原因となってしまいます。

休んでいた消化器官を徐々に回復させるように、朝食はヨーグルトやお粥、昼食からうどんなどの消化の良い物を腹七分目程度に取り、夕食から普通食に戻します。
ただし、普通食といっても、脂っこい物、消化の悪い物はさけましょう。

ポイント5.酵素ドリンクの選び方

 断食中ずっと飲み続けることになる酵素ドリンクの味は大切です。
飲みやすい物が増えていますが、たまに形容のできない味の酵素ドリンクに出会うことも……。
無料サンプルや初回お試しセットがある場合には、ぜひ味を確認してから購入することをお勧めします。

また、ネットのランキング・口コミでは、「お嬢様酵素」、「ごちそう酵素」はフルーティーな味わいで飲みやすいと人気です。
他にも、「ベジライフ酵素液」も、甘すぎず、少し酸味のある酵素ドリンクらしい味として不動の人気があります。
酵素以外の効果もという方には、美容成分プラセンタ入りの「酵素de美身」がお勧めです。
ぜひ、いろいろ試して、好みの酵素ドリンクを見つけてください。

まとめ

  1. タイミングは金曜日から
  2. 断食準備は軽くあっさりした物を食べる
  3. 当日は酵素ドリンクでのプチ断食
  4. 回復食消化の良い物
  5. 酵素ドリンク選びは自分に合った味のものを

 この1日間プチ断食は継続することで効果が上がります。
回数を重ねる毎に、準備・回復期間の食事メニュー作りにも慣れ、断食時の空腹感を紛らわす独自の方法も見つけていることでしょう。

この方法で断食に慣れたら、次は夏休みや年末年始などの長期休暇を利用して、2~3日間プチ断食に挑戦するのも楽しいかもしれません。
やはり、酵素ドリンクを使ったプチ断食といえば、2~3日間の断食!ぜひ、挑戦してみてください。

スポンサーリンク

Speak Your Mind