ヨーグルトダイエット5つの効果的な実践方法

ヨーグルトダイエット5つの効果的な実践方法

ヨーグルトが身体に良いのは皆さんご存じと思います。
ダイエットとして食べる方も多くいますが、ヨーグルトダイエットを効果的に実践している方は意外と少ないと思います。

一般的にヨーグルトの効能は、整腸作用、便秘の改善です。
便秘になることで、肌荒れやニキビになりがちです。
原因は、便が長時間腸内に滞在することで、便の中にある有害物質や老廃物が血液に吸収されてしまいます。
人間の体は吸収された有害物質や老廃物を皮膚から排泄しようとします。皮膚から排泄しますから、肌に影響がでて、肌荒れやニキビになります。

肌を美しく保つにはヨーグルトを食べて便を出してやることが効果的です。
ヨーグルトの中にはカルシウムがたくさん含まれています。ヨーグルトのカルシウムには脂肪燃焼を促進させる働きがあることがアメリカの研究でわかっています。

ヨーグルトのカルシウムで骨も強くなりますし脂肪燃焼を促進させるので、ダイエットには効果的だと言えるでしょう。

これからヨーグルトダイエットが身体にどの位効果的になるのかをご紹介いたします。

スポンサーリンク

3食普通に食べて特別なヨーグルトを間食で食べる


 

プレーンが良いのですが、苦手な方はジャムやはちみつを使ってください。
ヨーグルトがダイエットに良いと言われるのには訳があります。

良く知られているのが乳酸菌ですね。乳酸菌が腸まで届くことで腸が活発に活動してスムーズに便を出してくれる働きがあります。
食べた物の余分なものを出してくれるのですから痩せていくわけです。

しかし、腸まで届く乳酸菌は限られています。限られているというのは、スーパーに行ったときにヨーグルトを見て欲しいのです。
実はヨーグルトは何でも良いと言うわけではないのです。

特定保健用食品(通称:トクホ)のマークが掲載されているヨーグルトを選ぶ必要があります。
トクホのマークが記載されているヨーグルトは「腸内にまで乳酸菌が達成しますよ。」っていうしるしなのです。

3食普通に食べて、10時や15時のような間食の時間に指定されたヨーグルトを食べる事でより良いダイエットが行えるので簡単にダイエットを行いたい人にお勧めです。

 

ヨーグルトは内臓脂肪を減らす効果あり


 

なぜ内臓脂肪を減らす働きがあるのかというと、カルシウムが脂肪を燃焼させる酵素の働きを阻害する副甲状腺ホルモンを減らす効果があるからです。

こう聞くとちょっと難しいですが、つまり「カルシウムが不足すると脂肪が燃焼されない」ということです。
そして身体の中のカルシウム濃度が低いと体脂肪や体重が増加してしまいます。

日本人というのは、牛乳を飲む割にカルシウムが不足しがちです。
これは日本人のカラダは、牛乳を飲んでもカラダに摂取されにくい体質もあり案外牛乳のカルシウム吸収率が低いのです。

せっかく食べても吸収せれなくては、意味がありません。
カルシウムの宝庫といわれている小魚でも、吸収率は25%~30%と実は低め。

そこでおすすめなのは、ヨーグルトです!ヨーグルトの吸収率は40%~45%あります。ヨーグルトで、カルシウムを積極的に摂取したいですね。

カルシウムなど重要な成分が足りなくなると、カラダは飢餓状態になります。
そうするとカラダを守ろうとして、脂肪を燃焼させる酵素の働きを阻害する副甲状腺ホルモンが増えてしまいます。

こうなるとかえって肥満が慢性化してしまいます。カルシウム不足と肥満には、深い関係があるということですね。
そこで毎日の食事にヨーグルトを摂取する事で内臓脂肪を減らす努力をしましょう。

 

ヨーグルトの種類の効果を知りましょう


 

ヨーグルトを摂取することで胃腸の働きを活性化させ、体内に蓄積された便を排出し、便秘や下痢を改善する効果があります。

腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在します。腸も肌と同じように酸性ですが、食生活の変化やストレスなどにより、悪玉菌の増殖で腸をアルカリ性にしてしまいます。

それに対して善玉菌は悪玉菌の力を弱め、腸を酸性にしてくれます。
その善玉菌を多く含んでいる食品の代表が、ヨーグルトなどの発酵乳酸品に含まれる乳酸菌です。

有名になったLG21やLC1も乳酸菌の一種です。
例えば、LG21は胃酸にも負けないで、胃炎の原因になるピロリ菌を退治してくれます。

この善玉菌を使った整腸作用はダイエットに効果的です。
整腸作用とは摂取した食事が腸内で善玉菌の栄養となり、腸内腐敗菌であるウエルシュ菌や大腸菌を減少させます。
それにより腸のぜん動運動を活発にして腸内環境を整え、便秘や下痢を改善します。
便通が良くなると体の代謝も改善され、脂肪も燃えやすい体になります。

そもそも小腸の正常な機能が失われると、小腸の動きが悪いために食べたものがなかなか排泄されず、余分な栄養素が吸収されすぎてしまいます。

また、悪玉菌が多いために便秘がちになり、有害物質が溜まってしまい、血液も汚れて、体全体の代謝が悪くなります。
整腸作用は内から体を綺麗にする重要な役割を担っています。

 

便秘解消に効果的なヨーグルト摂取のタイミングを知りましょう


 

便秘解消に効果的なヨーグルトですが、食べるタイミングによって効果が異なります。せっかく食べるのならば、効果的なタイミングで摂取したいですね。

便秘解消を目的とする場合、ヨーグルトは食前よりも食後に食べるほうが効果的とされています。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、胃酸などに壊されやすい性質があります。
そのため、食前は胃酸の濃度が高く、より乳酸菌が壊されやすくなってしまうんです。

食前に食べるよりも、胃酸が薄まっている食後の方が、乳酸菌が腸に届きやすく、効果が得やすいということになります。

また、食後と言っても、朝食後なのか夕食後なのか…という疑問があると思います。
グリコ乳業と藤女子大学による研究結果によれば、お腹の調子を良くするためにヨーグルトを摂取する場合には、昼食後・夕食後よりも朝食後に摂取する方が効果的であるという結果が出ています。

つまり、便秘解消のためにヨーグルトを食べる最も良いタイミングは、朝食後ということになります。

 

カスピ海ヨーグルトの効果を知りましょう


 

朝食や夕食後のデザートとしてカスピ海ヨーグルトを食べます。
カスピ海ヨーグルトの量は、1度に100ml~200mlが目安です。たくさん食べれば効果が高まるわけではありません。毎日続けることが大切です。

カスピ海ヨーグルトダイエットは、食事の制限はありません。しかし、食事を食べ過ぎてしまっては、いくらカスピ海ヨーグルトを食べていても、効果が現れにくくなってしまいます。 食事は、腹八分目を心がけましょう。

カスピ海ヨーグルトを朝食として食べるのも良いですが、空腹時の胃は酸が強い状態にあるので、カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌がダメージを受けてしまいます。
なるべく効果的に食べるには、空腹時を避けるのが好ましいです。

カスピ海ヨーグルトを食べるだけでやせる理由は、カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸が腸内環境を整え、腸の活動を活発にすることで便通を良くすることにあります。

「便秘は太る」とされていますが、「不要なものが溜まっているから重くなっている」だけではありません。
便秘は新陳代謝を悪くして、太りやすい体を作ってしまうのです。

欠食や食事制限は便秘の原因となりやすいので、便秘を解消しながらダイエットができるのは魅力的ですね。

また、便秘は腸の中に悪玉菌を増殖させます。便秘になると肌荒れが起きてしまうのは、この悪玉菌が原因です。
悪玉菌が作る有害物質は腸で吸収されて、全身に送られてしまうため、肌荒れが起きてしまうのです。
便秘解消は、腸年齢だけでなく肌年齢も若返らせ、体の内も外のキレイにしてくれます。
そのほかにも、カスピ海ヨーグルトの効果には免疫力を高める効果があります。
ガンや感染症への抵抗力も高めるとされ、健康作りにも役立てられています。

 

まとめ


 

ヨーグルトダイエットの効果的な実践方法

      特別なヨーグルトを間食で食べる
      内臓脂肪を減らす効果
      色々な種類の効果
      摂取のタイミング
    カスピ海ヨーグルトの効果

いかがでしたか?このように効果が高い方法でヨーグルトを摂取する事で、より簡単にダイエットを行えるのは良いですよね!

体質が変わるまでには時間的に個人差があるので、効果がでるまで気長にチャレンジして下さいね。

スポンサーリンク

Speak Your Mind