くびれ美人の作り方|コレだけは知っておきたい6つのポイント

くびれ美人の作り方|コレだけは知っておきたい6つのポイント

 キュッと引きしまったくびれた腰は、女性ならではですよね。
くびれ美人は男性にも好まれますし、女性にとっても憧れだと思います。お腹のお肉を減らせば手に入るかも…と思われている方も多くいらっしゃいます。
ところがくびれは単にやせただけでは手に入らないのです。
どうすればきれいなくびれを手に入れてくびれ美人になれるのか。知っておきたい6つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ポイント1 余分な脂肪をつけない

 余分な脂肪が腰まわりについていると、くびれ美人にはなれません。お腹まわりにぷよぷよとお肉がついている方は、まずはこのお肉をなくしましょう。ストレッチや腹筋運動をしてお肉を落とします。
ただし、女性特有の美しいくびれには、ふっくらとした感じも必要です。お肉を落としすぎないようにやりすぎ注意です。

ポイント2 筋肉をつける

 くびれはお肉を落とせば手に入るものではありません。腰の周りの筋肉をバランスよく鍛えなければ、体形は寸胴のまま……。
ただし筋肉を鍛えるといっても、ふつうの腹筋ではくびれは作れません。くびれを作るために必要なのは「腹斜筋」という、肋骨の外側から骨盤にかけて斜めに伸びている筋肉です。この筋肉を鍛えるには、ねじるエクササイズが効果的です。

腹斜筋を鍛えるエクササイズ

  • 足を肩幅に開き、腰から上を左右交互にねじる。
  • 足を肩幅に開いて立ち、まず左膝と右肘をくっつけるように足上げと肘下げを行う。  つぎに右膝と左肘をくっつけるように足上げ、肘下げを行う。この動作を繰り返す。
  • 椅子に腰かけ、足に雑誌やクッションを挟み、足を床から5cmほどの高さに持ち上げてキープする。

テレビを見ながら、音楽を聞きながらなど、ながらをしながらできる簡単なエクササイズですので、こまめに取り入れてみてください。やればやっただけ効果が得られます。
ただし無理しすぎは禁物。ときには筋肉を休めることも大切です。

ポイント3 骨盤の歪みをとる

 骨盤はくびれの形成に大きな影響を及ぼします。
骨盤が歪んでいると筋肉や肉がきれいにのってくれずに、美しいくびれにはなりません。自宅でできる骨盤体操の本やDVDがたくさん販売されているので、それらを参考にして取り組んでみてください。
歪みが酷い場合は整体師さんなどの専門家にお世話になりましょう。

ポイント4 正しい姿勢を保つ

 正しい姿勢をキープすると、余分な脂肪をつけずに筋肉を育て、かつ骨盤の歪みを防ぐことができます。
逆に言えば、どんなに運動をしたり整体に通ったりしても、正しい姿勢を保っていなければ台無しになってしまうのです。
鏡や壁をつかって、立っているときも座っているときも、正しい姿勢を保つようにしましょう。

また、姿勢をキープしながらお腹を引っ込めていると、筋肉も鍛えられ、贅肉をすっきりさせることができます。正しい姿勢を保つことになれたら、ぜひ取り入れてください。

ポイント5 冷やさない

 女性の腰回りには大切な臓器がたくさん詰まっています。体が冷えると、これらの大切な部分に十分な血液や栄養分が回りにくくなってしまい、老廃物がたまってしまいます。
最近では冬も着ぶくれることを避けて薄着の方がいますが、体には決してよくありません。薄手のボディウォーマーを使ったり、ホッカイロを用いたりして冷えを予防しましょう。
腰回りを温めると手足なども温まり、体全体の冷えを改善することができます。さらに手首や足首など「首」がつく部分には大きな血管が通っているので、重点的に温めると効果が高まります。
またバスタイムはシャワーだけでなく湯船につかり、全身を温めるようにしましょう。あわせてリンパマッサージをすると効果的が高まります。

ポイント6 こまめに触れる

 くびれができているかどうか、鏡でチェックするだけでなく、実際に自分の手で触れてみましょう。
服の上からでもかまいませんが、できれば入浴タイムなどで直に触れてほしいと思います。見ただけではわからないくびれのかたちや、やわらかさなどを確かめることができます。
また触れることで愛着が高まり、より美しいくびれを作ろうというやる気もわいてきます。
ボディクリームやオイルを塗りながら行えば、見た目だけでなくさわり心地のよいくびれを作ることができます。せっかくのくびれも、肌が荒れていたりカサカサしていては魅力が半減。お手入れも忘れずに行ってあげてください。よい香りのクリームを使えば、気分が盛り上がってモチベーションも上がること間違いなしです。

まとめ

くびれ美人の作り方

ポイント1 余分な脂肪をつけない
ポイント2 筋肉をつける
ポイント3 骨盤の歪みをとる
ポイント4 正しい姿勢を保つ
ポイント5 冷やさない
ポイント6 こまめに触れる

いかがでしたか? くびれ美になるためには、上記のポイントのどれか1つだけではなく、全部のポイントを押さえることが必要です。全てのポイントを押さえるのはなかなか大変ですが、魅力的なくびれを手に入れるためには努力が不可欠です。一度身につけてしまえば苦にならなくなりますので、がんばってくびれ美人になりましょう!

スポンサーリンク

Speak Your Mind