絶対に痩せる方法 必見!知っておくべき7つの方法

絶対に痩せる方法 必見!知っておくべき7つの方法

あなたは痩せる方法としてどんなことが頭に浮かびますか?厳しい食事制限や運動でしょうか?それとも置き換えダイエットやダイエット器具でしょうか?
どれもこれも痩せる方法として有名です。が、なぜ痩せない・・・それは時間がない、継続できないからです!
週5日、往復の通勤はダイエットには絶好のチャンスです。この時間を使わないのはもったいないです。
今回は通勤時間を利用して効率的に痩せる方法を7つお伝えします。

スポンサーリンク

1 電車では座らず消費エネルギーアップ

電車に乗って座るか立っているかで、消費エネルギーは変わります。
例えば体重60kgの男性の場合。往復で電車を1時間利用しているとします。1時間座っている時は63kcal、立っている時は126kcal消費します。座っているか立っているかで1日の差は63kcalとわずかですが、週5ですと315kcal、1ヶ月(平日のみ22日)ですとなんと1386kcalも差が出てきます。
ビール350ml缶が1本約140kcalです。ビールを9~10本控えたことと同じです。
通勤での電車はまとめて60分でなくてかまいません。電車に乗るときはいつも立つと決めて、こまめに消費エネルギーをアップしていけます。

2 1駅お腹をへこますだけ腹筋アップ

ドローインは息を吸ってお腹を引っ込めたまま呼吸を行います。胸式呼吸に似ています。ドローインのポイントは丹田を意識すること、お尻の穴を引き締めることです。
まずは10秒間キープします。これを1駅間やり続けるだけで腹横筋(インナーマッスル)が鍛えられます。腹横筋が鍛えられると筋肉量も増え体幹もしっかりし、基礎代謝もアップします。
10秒から20秒、30秒と時間を延ばしていくと強度も上がります。1駅分でも往復やれば1日2回行うので筋力アップにつながります。ドローインは立っていても、座っていてもできます。

3 座っても筋トレ

疲れてどうしても座りたいときは、座りながらでも常に筋力アップを意識します。
2のドローインの他、座っているときは、足をしっかり閉じることです。意識をしていないと、足は緩んで膝が開いています、内ももから膝、足首までしっかりくっつけて内側の筋力を鍛えます。
プルプルしてきたらキープして我慢。姿勢をよくし、お腹を引き締めておくと、より強度がアップします。

4 つり革は捕まらずバランス力アップ

つり革につかまると腕でバランスをとっているので、腹筋、背筋は緩んでいます。つり革につかまらず、自分の足でしっかり立つと、体幹が鍛えられます。
こぶし1~2個分足を広げ、お腹を引っ込め、お尻に力を入れ、背筋をぴんとし、膝は軽く緩めておきます。
電車が停車するときや、発車するときは揺れやすいので、足を踏み込んでいないと倒れてしまいます。踏ん張って立っているときは、スクワットと同様、太ももが鍛えられます。太ももは消費エネルギーが大きい筋肉なのでダイエットにむいています。

5 ホームは早歩きで

電車を降りたらエスカレーターや階段が近くだと便利なので、電車に乗るときに近い場所まで行きがちですが、そこを我慢です。
電車(駅)によりことなりますが、8両編成だと平均18mほどあります。毎回端から端まで歩くようにすると、歩数が増えます。
10分、1000歩、30kcalの消費エネルギーと言われていますが、早歩きにすれば消費エネルギーも増え、歩数も増えます。毎日利用している駅ですが、ちょっと運動量を増やすために、乗車位置を変えてみるのも、痩せる方法の1つです

6 階段の使用は必須

エスカレーターではなく、階段を利用しましょう!というのはダイエットでは有名ですが、なぜ階段をおすすめするかというと、消費エネルギーがジョギングとほぼ同じだからです。
ジョギングの時間がなかなか取れない、ジョギングは苦手という方でも、階段の利用は少しずつ始められるはずです。1分で11kcal消費できます。強度は階段を下りるときより、上るときの方が2.5倍もアップします。
普段階段を利用している人は1段飛ばしで上る、走って階段を上るなどスポーツジムに通っているつもりで、階段を有効に利用してみましょう。

7 鞄はダンベルとして使う

人の筋肉は「白筋」と「赤筋」の2種類があります。白筋は脂肪を分解する力が弱く、瞬発力はありますが持久力はありません。赤筋は酸素があれば脂肪とブドウ糖を二酸化炭素と水に分解し、エネルギーをつくります。
太りやすい人は赤筋の働きをアップし、痩せやすい体作りができます。ホームで電車を待っているとき、スマホを見ながら鞄の上げ下げで、腕を鍛えることができます。

まとめ

知っておくべき絶対に痩せる方法

  1. 電車では座らず消費エネルギーアップ
  2. 1駅お腹をへこますだけ腹筋アップ
  3. 座っても筋トレ
  4. つり革は捕まらずバランス力アップ
  5. ホームは早歩きで
  6. 階段の使用は必須
  7. 鞄はダンベルとして使う

いかがでしたか?毎日のお仕事がジムのように変わるなんて素敵ですよね。
痩せたいけど時間がない、何から始めよう、運動がどうも苦手と思っている方は毎日の通勤時間を上手に使ってみましょう。電車に乗らない方も自宅でも同じことができます。
痩せる方法はなんと言っても、無理なく毎日こつこつやることです。7つの方法からあなたにあったものを3~4つ始められると痩せやすくなってきます。

スポンサーリンク

Speak Your Mind